東京都内23区の文京区、新宿区、豊島区、北区、板橋区、台東区を中心に外壁・屋根塗装・雨漏り工事は坂下リライフ

坂下リライフ

選ばれて1,200棟以上、愛と感謝と信頼の証。

無料相談実施中

年中無休 9時から19時

03-3868-2334

2017年 2月2日 NO.84
「鋼材溶接新設工事・ポリカナミ取り付け工事」

東京都内・外装リフォーム事例

本日は東京都内某所、外壁・屋根塗装専門業者・坂下リライフのちょっと変わった外装リフォーム事例をご紹介致します。

タキロン・ポリカ波板で資材スペースを製作

タキロンのポリカ波板を鉄骨階段の下部に取り付けて資材置き場のスペースを確保するために下地の役割として鋼材を取り付けます。

ポリカが目隠しの役割を果たすように製作していきます。

鋼材の各種アングルを切断・溶接・取り付け

各種鋼材現場で加工しながらを取り付けました。

赤サビなどのサビ止めを塗布してしっかりと取り付けていきます。

真横ではビルの建築工事が行われていて、限られたスペースの中で

作業を行いました。

ご協力ありがとうございました。

建築の規格に合わせて取り付け

450mmや900mm、1800mmなど建築の規格はミリ単位を基準に考えることが多いですが、タキロンのポリカナミの寸法、規格に合わせて鋼材は横に取り付けていきました。

使用する用途に合わせて鍵も取り付けます

用途やご予算に合わせた設計、建築資材を用いながら扉は工場で加工し、

現場に搬入、鍵も取り付けていきました。

南京錠を設置し鋼材の骨組みは完了

外壁塗装以外にも各種外装リフォームを行っております

今後の工程としましては赤サビの上にロックペイントの溶剤を塗布し、タキロンの波板を設置していく予定です。

完成はまた施工ブログにアップする予定です。

これらの鋼材の溶接や取り付けなどは塗装工事も絡むので、このような工事を一式で賄えることも当社の強みの1つです。

実際外壁屋根塗装一式工事のついでにポリカ波板を張り替えたりする工事を行う事例は過去も現在もたくさんございました。

なかなかどこに頼んで良いのか分からない種類、内容の工事ではありますが、

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

坂下リライフの職人ブログ一覧

お問合せはこちら

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3868-2334

受付時間:9:00~19:00(年中無休)