東京都内23区の文京区、新宿区、豊島区、北区、板橋区、台東区を中心に外壁・屋根塗装・雨漏り工事は坂下リライフ

坂下リライフ

選ばれて1,200棟以上、愛と感謝と信頼の証。

無料相談実施中

年中無休 9時から19時

03-3868-2334

2018年2月20日 NO.137
『パッキャオの宿敵バレラに学んだパンチの設計図と人体の構造と建築学』

超精密なパンチの設計図

私は10代の頃メキシコの英雄マルコアントニオバレラの専属トレーナーにボクシングを指導していただいたことがあったが、当初私は、ボクシングはただ顔や急所めがけてパンチを放てば良いと思っていたのだが、それは明らかに間違った認識で、ナックルのどこに当てて、パンチを放つ時にどこを狙っていけば良いか全て決まっている。

これはパンチの設計図とも呼べるほど正確で、ナックルであれば中指と人差し指の間で相手をとらえ、顔をめがけてパンチを放つ時は、相手のどをめがけて、パンチを放つと、ちょうどナックルがアゴの位置くる。

ナックルがアゴに程良く当たると脳が揺れると言われている。

また合理的な動作と人体の構造から言えば、肩の位置より肘の位置は高くなったところでパンチはリリースされる。

これはボクシングに限らず投球動作も全てそうだ。

ボクシングで言えば相手の特徴によって試合中の立ち位置まで全て設計、プログラミングされている。

すなわちパンチが当たらない、当たりにくいポジショニングまでが確実に存在している。

メイウェザーなどの超一流のディフェンスを誇る選手はそのことを誰よりも知っている。だから負けないのだと思う。

もちろん設計図通り動ける運動能力を持ち合わせているかが最も重要なので、

全ての人が設計図通り動けるわけではない。

建築学とスポーツ科学も全て同じだった

そして建築にももちろん設計図がある。

それと同じでスポーツ科学にも設計図がある。

メジャーリーグのイチロー選手は人体の構造(設計図)が理解出来ることで、野球における全ての事柄は解決するというような趣旨のコメントをあるテレビ番組で言っていたのを目にしたことがある。

私はもちろんある一つのスポーツを極めたことはないが、全てのスポーツから共通の答えを導き出すことが出来た。

それを今建築学に応用し、東京都文京区でリフォーム業をさせていただいている。

高品質な外壁屋根のリフォームも構造を理解すること

スポーツ(ボクシング、野球)の動きも人体の構造を理解することが重要であると先ほど述べさせていただいたが、外壁屋根工事という動作(行為)そのものも実は家の構造を理解することで全て解決する。

高品質なリフォーム工事には不可欠な考え方である。

ぜひ参考にしていただきたいと思います。

坂下リライフの職人ブログ一覧

お問合せはこちら

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3868-2334

受付時間:9:00~19:00(年中無休)