外壁塗装はいったいいくらかかるの??

『外壁塗装って、いったいいくらになるんだろう。。。』って思ったこと、戸建てを持っていたり、大家さんなら考えることありますよね?

 外壁塗装だけではなく、屋根塗装工事、屋根葺き替え工事、防水工事と、リフォームを考える時期もきます。

 

高額な外壁塗装で失敗しないためには、

相場を知っておかなければなりません!!

  外壁塗装の費用は、、、、

  • 家の大きさ
  • 外壁の素材
  • 塗装する塗料  などで前後してきます。

さて、どのくらいかかるのか、調べていきましょう♪♪

外壁塗装の順序

まずは、外壁塗装の工程。こんな感じで進んでいきます( *´艸`)

 

  1. ご近所へのご挨拶
  2. 足場の設置
  3. 外壁の高圧洗浄
  4. 下地調整
  5. 養生作業
  6. 下塗り
  7. 中塗り・上塗り
  8. 付帯部の塗装
  9. 手直しとチェック作業
  10. 足場解体

足場を組むことになるのと、塗布していくと臭いがしますね。『ご近所様への挨拶!!』これは絶対ですね( `ー´)ノ

 

おおむね、1日でその工程を行っていきます。順調にいけば『10日間』。各工程は、最低1日はかかります!!最低10日間はかかるとゆうことになります。

 

10日以内に終わります!!などはちょっと怪しいかも(*´Д`)

どこかの工程を省いたり、乾燥期間を短縮してしっかり乾かさず塗布してしまうなど・・・。

外壁塗装工事を取り扱う業者

外壁塗装業者は沢山あります!!大手から中小まで。。。また、ホームセンターや家電量販店まで!!

業者がある。よって費用も業者の数程あります。

 

大手住宅メーカー

費用は比較的高額になりそうです。【自社で用意した塗料のアニュアルと塗料を使う】とゆうことになるとおもうので、施工に融通が利きにくく、コストを下げにくいことになります。小物をくれたりがありそうですね♪

 

工務店

工務店は、複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体を管理することによって、総合的な工事を請け負う業者のことをいいます。でもお家のことを全てできるわけではありません。大工さんは【塗料】ができないので・・『知り合いの塗料業者を呼んで来る』。その時に『紹介料』が発生してきます!!

しかもっ!! 『戸建ての塗替え専門業者』とは限りません( ;∀;) 普段、大手の孫請けでやっているところが来る可能性もあります。。。安いけど!!安心して良い仕事をしてもらえるとは限らないようです。

 

ホームセンター・家電量販店

専門性が低い。  売場担当員は、塗装工事の現場に顔をだすことがありません。つまり携わってるわけではありません。あくまでも契約を行ってくれる人です。なので専門知識は分からないし、もしトラブルがでた場合、タライマワシされることも考えられます。契約したお店のポイント還元が期待できそうです。

 

とゆうように、依頼する業者によって変わってくるのでしっかりと、なにを専門に行ってる業者なのかを把握しなければ、莫大な費用がかかってしまいそうです(*´Д`)

 

外壁塗装の坪数相場

 お家の坪数はどのくらいですか??

                ・・・・・・( ゚Д゚)...。

分かる人のが少ないかもしれませんよねwww

表にしてみます!

          こんな感じです!!

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 坪数 広さ金額
20坪70~80㎡4040~70万
25坪90~100㎡5040~70万
30坪110~120㎡6060~80万
35坪130~140㎡7070~90万
40坪150~160㎡8080~100万
45坪170~180㎡9090~130万
50坪190~200㎡100100~150万
55坪210~220㎡110110~160万
60坪230~240㎡ 120120~170万

↑  ↑  ↑  ↑

 概算金額!!

・概算金額も、立地・建物の形・2階建て・3階建て・で変わってきてしまいますが( ;∀;)

・㎡数から坪の出し方・・ ㎡×0.3025   坪 から㎡の出し方・・ 坪÷0.3025の公式で約〇㎡・坪が出てきます。

ちなみに東京近辺、坪数・㎡の平均は、、、

  • 東京都  64.48㎡
  • 神奈川県 76.62㎡
  • 千葉県  89.04㎡
  • 埼玉県  86.58㎡
  • 茨城県  108.55㎡
  • 栃木県  110.24㎡
  • 群馬県  109.89㎡
  • 山梨県  113.27㎡

とゆうような、平均坪数・㎡数があげられています( ^)o(^ )。外壁塗装は広さが重要になってきますね!!

ご近所にご挨拶も、近隣が気にならないほど遠ければすることもありませんね。なかなかないですが・・・( *´艸`)

外壁塗装の内訳

外壁塗装は、大きく4つに分かれています。

  1. 材料費
  2. 人件費
  3. 足場
  4. その他・運営費

 

お客様が支払うことになる外壁塗装の費用に対し、きちんと理解していきたいものですね♪

 

 1、外壁塗装に使われる費用です。 塗料はもちろん、養生、飛散防止シート、※コーキングの打替など、塗装時に欠かせない道具が含まれます。また、塗料は種類によって費用が違い一番安いものだと『アクリル』高いものだと『無機塗料』があります。

※コーキングとは・・サイディングボードのつなぎ目や、窓との境目にあるゴムパッキンの事。

 

外壁塗装に使われる塗料は、知っていたほうが良いですね♪

 

 2、外壁塗装を行う職人・作業員に対しての費用です。(外壁塗装に関わる、日数・人数によって算出されます。)

 

人数計算では、【ベテランの職人さん】が行うと、経験が浅い職人さんよりお値段が高くなっていきます。

 

工事日程委が長引くと、算出法を考えていくと高くなっていきますね( ;∀;) 一つの考えとして、ベテラン職人さんに任せて、手早く作業を行ってもらうことが・・人件費削減につながるかも

 

 3、外壁塗装を行う際に必要な足場を組み立てる費用です。(足場の材料を運ぶ運搬費と、足場を組む施工費を合わせたものです。)

 

『無料』を売りにする業者もなかにはありますが、足場は、全体の20%を占め、なおかつ『国家資格』が必要な組み立て作業です( `ー´)ノ

 

足場代無料としながら、ほかの費用のところに上乗せしている可能性が高いかもしれません(´Д⊂ヽ

 

 4、材料費・人件費・足場以外にかかる費用です。(外壁塗装を行った業者の利益も含まれてきます。)

 

ほかにも・・・現場に向かう移動費、業者の車を置く駐車代、保険費、印紙代や事務手数料などがあります。

 

その他の費用だけで、30%を占めてきます。何にかかったのかしっかり確認することをお勧めします(∩´∀`)∩

外壁塗装後の・・追加費用

『一緒に補修しておきますね。』などの言葉で、あたかもサービスで行ってくれそうな感じ・・。  要注意です( `ー´)ノ

ただ、足場が組まれて、はじめて近くで見える場所があります。2階以上の建物になると、そういった部分もでてきます。

まとめ

外壁塗装のの費用相場は、塗料の種類でも変わってきます。外壁・屋根塗装の値段が大きく変わる要因はは塗料のグレードです。基本的に、長持ちする塗料が高くなっていきます。では、塗料のグレードを下げれば安くなる??  そうですね。そうなりますね。が、その分耐久年数が落ちるので、若干早めの外壁塗装工事をすることにはなると思いまうす。

坪数・㎡数はどこの業者に依頼しても同じですが、知識・経験でだいぶ【差】が出てくるのではないでしょうか。

 

複数の業者に依頼し、見積もりをして考えることが、一つの手になるかと思います。

 

まずは、ご自身の建物を『知る』とゆうところかスタートするといいかもしれませんね♪

お問合せはこちら

有限会社 坂下リライフ のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3868-2334

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

外壁屋根無料診断はこちら

外壁・屋根無料診断画像

お問合せはお気軽に

03-3868-2334

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

坂下リライフ社長画像

代表取締役 伊山勇二 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。